筋トレの方法・おすすめマッシーン

こんにちは urab です。

みなさんはどんな方法で筋トレをされていますか?

  • 自宅で器具無しで筋トレをしている
  • 自宅で幾つか器具を使って筋トレをしている
  • ジムに通われている

どの方法でもしっかり継続すれば、効果的だと思います。

私が試してみた方法で、器具を使って筋トレについて、体験談を通して紹介してみたいと思います。

SIXPAD Abs Fit 腹筋

こちらは腹筋をつけたいという方で、特に時間がない方におすすめです。
何かをしながら、ただ腹筋につけるだけで鍛えることができる面白い器具です。

実際に使ってみると、腹筋がプルプル揺れて、負荷がかかっているのがすごくわかります。
強度も調整できるので、自分がいい感じと思える負荷に変えてみるといいですね。
まだ使い始めて間もないですが、どういうふうに筋力が変化していくのか楽しみです。

消耗品はリチウム電池と体に粘着させるためのジェルです。
ジェルの正規品はいいお値段なので、互換のあるものを買ってもよいかもしれません。

ダンベル

器具無しで筋トレをしていると、もっと強めの負荷がほしいときに限界がきます。
そういうときにあるといいのが、定番ですがダンベル。

ダンベルがあると、負荷が強めのトレーニングもできますし、
トレーニングのバラエティも増えます。効果的に一気に鍛えることもできるので、できればあったほうがいいです。

また、重さ調整ができるダンベルであれば、部位によって適切な負荷に変更できますし、
次、○kg で筋トレができるようにしようと、具体的な目標設定ができるところも、とてもよいです。

プッシュアップバー

腕立て伏せは人によって、また腕立て伏せの方法によって負荷が違ってくると思います。
ただ、余裕でできる範囲の腕立てをしていても、頭打ちになってステップアップができない状態になるかと思います。

より効果的に負荷をかけるために、プッシュアップバーを使ってみてもいいかもしれません。
これを使うことで腕立ての伸縮の範囲が大きくなり、より鍛えられます。
わたしも、腕を伸ばすときに思わず ハンマー投げの選手みたいに気合を入れるような声がでますが、
腕への負荷がかかるのが実感できて、とてもよいです。

この器具自体はとても軽いので、筋トレするためのマットがないような場所でも
これさえあれば腕立てができるので、持ち歩くのもよいでしょう。

フィットネスチューブ

こちらは使うことで筋トレのバラエティが増えます。
普段やっている筋トレでは負荷のかけにくい部位があったことに気づけたことがとてもよかったです。
何か別のことをしている合間にちょっとトレーニングしてみるといったこともできるので、おすすめです。

軽めの強度のチューブでトレーニングをして、徐々に強めの強度のチューブに変えていくのもいいかもしれません。

体験してみたものをいくつかピックアップしてみましたが、もちろんなくてもかまわないですし、
ジムであればもっと高精度な器具や適切なアドバイスができるインストラクターもいらっしゃるので、それでもよいです。

私は何か新しい器具を手に入れることで、せっかく買ったんだし、もっと頑張ろうという気を起こさせるスイッチになるので、
経済的に許容できる範囲で、そういった方法を使っています。

お互いに理想の体型を手に入れましょう★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です