ぶれない気持ち維持できますか? その3

a0006_000031

こんばんは urab です。

今日も筋トレしましたか?
「ぶれない気持ち維持できますか?」シリーズを その3まで書きました。
なぜなら、大事なことだからです。

自分は頑張る理由を思い出しつつ継続しています。

前回でどうすれば、もっと頑張れるのか、少し見えてきましたでしょうか。

自分は少し見えてきた気がしました。

逆に、掘り下げた結果、筋トレよりももっと他に優先度をあげて頑張るべきことが見つかったという人もいるかもしれません。
それはそれで正解だと思います。

結局のところ
頑張らなくても、自分の達成したい目的にとってそれほど重要でないのであれば、筋トレをすること自体、
頑張らなければならない! といった義務を自分に押し付けることになり、ストレスになり、
辛くてやらなかったら、やらなかったことで自分を責めることになり (責めはしなくても、セルフイメージがさがることになります)
悪循環になってしまいます。

自分が本当にその理由で頑張りたいという人は一緒に磨いていきましょう!

まったく思った結果がでない!
そんなときこそ原点にかえって、なんで頑張ろうとしているのか、素直に自分と向き合うことが大事です。

自分のいるコミュニティ、親や兄弟、恋人、学校の友達や職場の仲間、サークル仲間などいろんな人に自分は影響されて育ってきました。
いろんな考え方を自分の中に取り込んできました。

いろんなものを見て、喜んだり苦しんだり楽しんだり、笑ったり、そういった感情を育んできたのは
今まで自分がいたコミュニティがベースとなっていますが、
経験が増えれば増えるほど、自分の本心が自分でもわからなくなってきます。

そういうときこそ、本当の自分の気持に向き合ってみるといいですね。
たまたま筋トレというテーマですが、仕事でもスポーツでも共通する話かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です