完璧主義、続けられない!そんな人のために

perfect-1300767_640

こんばんは、 urab です!

続けられないという人に、完璧主義で、できないとそんな自分が許せないという人は結構いるのではないでしょうか?
私もそういうところがあります。

どうしても完璧主義の自分にぶつかってしまう人は一緒に理由を考えてみましょう。

人は完璧じゃないとも言われますが、そんなことはわかっていても
こんなはずじゃない、もっとできるはずだと、自分に言っているんです。

完璧主義はいいことだと思っています。
自分の望む理想をイメージできているからこそ、その理想と現実の今の自分にギャップを感じているわけです。

理想をちゃんと持てる人です。
それは具体的に実在する誰かかもしれませんし、自分自身の理想の姿かもしれません。

理想とのギャップを感じて、凹んで、自分なんて駄目だって、投げやりになっちゃうんです。

でも、あなたが考える、その理想は誰のためにイメージしたんでしょうか?

あなた自身ですよね?

学校や会社の先輩後輩同僚よりも、
あなたの友達よりも
あなたの彼氏彼女よりも
あなたの兄弟家族よりも
一番あなたのことを真剣に考えているのはあなたなんです

24時間365日あなたは、あなたのためにいろいろと考えているんです

あなた自身が一番あなたのことを一番知っています。

目と閉じて、自身の胸に手をあって「ありがとう」と言葉にするといいです。

自己啓発みたいなことを書いてしまいましたが、大事なことです。
人に感謝しましょうと言われます。それも大事なことです。
でも、一番あなたのことをずっと支えてくれているあなたにも感謝をしましょう。

自分の理想を描いて1回の筋トレのレベルをあげることもいいことだと思いますが、
筋トレを継続している日数を増やすことはもっと大事です。

小さな成功体験

人から自信をもちなさい!ってよく言われたことはないでしょうか?

仕事にせよ、プライベートにせよ、人と自信をもってコミュニケーションしている人はいますよね。
自信はいきなり湧いてくるものでしょうか?

そうではないと思います。
めっちゃ仕事ができる上司も、異性からもてまくってる先輩も

最初はおどおどしていたはずです。

単純にコミュニケーションの数、経験や成功体験の数の違いです。

その中でも結果をだせている人はどんな人でしょうか?

成功体験が多い人だと思います。

理想を描くばかりに、はじめからハードルの高いことを目指して壁にぶつかって
もう一度挑戦するときにも同じようにハードルにぶつかって、、

考えてみると、なかなか成功体験ができません。

あらゆることで結果を作れている人は、最初から高いハードルを乗り越えた人よりも
小さなことでも、継続している人だと思っています。

私は腕の筋肉がないので、最初は膝をつきながら 10回 で1セットとして数えていました。
人それぞれなので、 5回でも、壁に腕立てでぎりぎりの人もいると思います。

継続するためには、それほど筋肉に負荷がかからなくても、
これぐらいなら余裕でできる!
ってレベルでいいので筋トレを続けましょう

まずは1週間、次に1ヶ月、、
あとは1ヶ月単位で筋肉もついてくるので、筋トレのレベルを軽く見直しましょう。(そんなにハードルはあげなくていいです)
3ヶ月もすれば、筋トレするのが当たり前になってくると思います。
1年もすると筋トレしていないと、落ち着かない状態になるかもしれません。

先日のスプレッドシート を使ってもいいですし、自分で何かチェックできる方法があるのであれば、それでもいいです。
○ が何日も連続していると、なんとなく自信がついてきているのがわかるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です